ぼやきは本音です

日々のぼやきを記録

 
   ≫→ 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロマンチックな日にディナーの予約しなかったら終り

既婚の女性講師で、仕事にも学術にも長けていた。
女性は、他にも「自殺の準備ができた 成功するといいな」と
いったメールや両親、夫に「ごめんなさい」と詫びたメール、
「骨灰は海にまいてほしい」などのメールを送っていた。

既婚だが、夫は仕事で長期海外に、
毎日顔を合わせる学科主任と恋愛がはじまり
ロマンチックなバレンタインを楽しみにしていた女性は、
男性がディナーの予約をしていなかったことにがっかりし
喧嘩になる

男性が電話の電源を入れ女性からのメールを見たのは
19日の午前4時頃だった。
3ヶ月前には、女性がマンションを借り、
二人の“愛の巣”になっていたという。
今年は8月16日であった。


七夕を七夕バレンタインとして祝う習慣がある
女性は何通ものメールを送るも、返信は来ず、
18日夜、「あなたがこのメールを見る時、私はもうこの世界にいない」と書いたメールを送った後、自殺した。
だが、恋のかけひきも命を落としてしまっては、どうしようもない。不倫相手が七夕バレンタインデーにディナーの予約を
しなかったことに腹を立てた女性が自殺した。

バレンタインをロマンチックに過ごしたいという想いは、
多くの女性が抱くものだが
命を絶つのはあまりにも思慮にかける

顔を合わせればけんか腰、
頻繁に文句のメールも送られてくるため、
怒った男性は携帯の電源を切って実家に帰ってしまった
時におきた事だった

テーマ : 主婦の日常日記
ジャンル : 日記

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。