ぼやきは本音です

日々のぼやきを記録

 
   ≫→ 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コレステロール酸化抑える研究

動脈硬化などの疾患を招くとされる
コレステロールの酸化を抑制するかどうか
カツオだしを鶏肉に加えて実験したそうです
人体でも効果が見られれば、各種疾患の予防につながり
カツオだしでおいしく健康になれるだろうと期待してるんですって


カツオのだしにコレステロールの酸化を抑えるという
働きがあることが
焼津市の調味料製造・販売会社、焼津水産化学工業社長
の研究で分かったということで
同社は28日からの「日本調理科学会」で、研究結果を発表


鶏肉に液体のカツオだしを混ぜて作ったつくねを2週間冷凍し
コレステロール酸化物の生成量を調べて
人体で同様の効果が得られるか、調べるたんですって


これまでカツオだしにはEPA(エイコサペンタエン酸)と
呼ばれる脂質の酸化を抑制する働きがあることが分かっていた
カツオだしを加えたつくねは、
つくねの油分1グラムに対し生成量は30・9マイクログラム
(マイクロは100万分の1)で、
加えていないものの49・2マイクログラムに比べて
37%減っていたという結果がでたようです

テーマ : 主婦の日常日記
ジャンル : 日記

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。