ぼやきは本音です

日々のぼやきを記録

 
   ≫→ 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これも良いこととはいえないな

スマートフォンが出る前は、出かけるときにはかばんの中に
デジタルカメラを入れてる人ってけっこういたけど
今はかばんにカメラを入れてる人はいないですよね。
みんなスマートフォンとかですんでしまうんだもの

デジタルカメラの時代だったら、歩きながらの道ばたに、かわいい小花が咲いていてもすぐには、シャッターを押すこともなく
ただきれいだな~って思って通り過ぎていくだけだったけど。

今は、その歩きながらの小さな出来事にも、カシャカシャってシャッターを押せて思い出が残せていくんです。

でもそれほど簡単になった分、以前よりもそのシャッターを押した思い出を保存しておくメモリー場所が大きくなりましたね。

もちろん多くの人が本体の中だけでその、思い出のデーターを整理しておけるはずもないんです。

昔は、細長いフィルム写真、それが今は画像データーとして物体のないメモリーになったので、家の中で保存して場所をとられることもなくなった。

その便利さから、なんでもかんでも画像におさめてしまって、データーが溢れてますよね。
自分でもいったい何を撮ったのかさえ覚えてなかったりします。

整理せずにたまっていくだけの、シャッター画像データーメモリー。

いいんだろうか、わるい習慣のように思えてきてしまう。


テーマ : 今日のつぶやき
ジャンル : 日記

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。